審査総評

総評

◇作品として技法に優れ、展示した時の見映えがよいことはもちろんであるが、最終的には着てみたいという気を喚起させることが重要。
ニーズの把握と技術の研鑽との両立に取り組みを続けていただきたい。

◇小紋、型染、手描、機械染とそれぞれの技法の特徴をとらえ、TPOを想像させる作品も多かったように思います。
新しさを求めつつ、より市場性のあるもの作りが進んでいると感じています。

◇伝統的な意匠にとらわれない作品も多く見られ、東京で開催される意気込みを感じさせる作品になっている。

◇「伝統」という言葉の正しい理解の上で、江戸時代的意匠を現代の視点で発信する情報共有の場が必要と考える。

◇生産量が減る中でどの出品者も真面目に仕事に取り組んでいることを感じました。
ただ部門の方でも述べましたが、新しいもの、斬新さが感じられる作品が少なくその点では、物足りないというのが正直なところです。


1部門 型染着尺

◇技法が複合的にミックスされているもの、なおかつ全体構成がすっきりとバランスがとれているものが目を引いた。
一部、仕立て後の着姿がどうなるのか気になるものもあった。

◇極小型を用いさらに重ね加工をしたものに目が行きます。
重い軽いよりもさりげなく着やすく、かつ奥行の有るものが今年は多くありました。

◇型染め技術を生かした作品が多く見られ内容的にも苦心のほどを感じられる作品になっている。

◇古典柄を清新な印象に仕上げた作品が多いと感じた。新規の図様創案には歴史的理解の深化が求められるように思われる。

◇色柄共に大胆な作品が少なく思います。どちらか(色・柄)でも斬新さを取り入れてもらいたいと思います。


第2部門 型染絵羽

◇絵羽ならではのダイナミックな構図の作品が目を引いた。
また配色の工夫がなされているものもあり、場面の広さを充分に活かして表現の幅の広がりがみられた。

◇絵羽付けとするために小紋の型彫りや、エンブタに工夫をこらし、さらに細かな作業が、きものの重圧感につながった作品に自然と目が行きます。

◇大胆な構図をもって意匠をとらえた内に、やさしさのある色合と表現がなされた表現になっている。

◇新しい意匠性の開拓への意欲を全体に感じた。
一方、オリジナルを改変する意匠の場合には、その目的に明確な意図が求められるが、その問題をクリアできていない印象を持った。

◇照明の影響もあるのでしょうが、発色に魅力のある作品が少なく感じます。
部分的にでもヌケの良い(パンチのある)色を作った方が良いと思うのですが。


第3部門 手描染作品(振袖、留袖、訪問着)

◇手描というカテゴリであったが、染の技術のみでなく、繍いや箔の合わせ技で全体力を上げている作品があった。
アイテムの特性上、単一技法での表現は難しいのかもしれないが、もう少し染の技で勝負する作品も欲しかった。

◇友禅の基本糸目防染に対して手挿しの色止まりが、意匠のよさを際立たせる作品、その上で、受賞作としては豪華に見えることも、求めれるように思います。

◇古典的な柄が多くみられる内に、手描きとしての技術力が発揮された作品になっている。

◇全体的に最も意匠創案に苦しんでいる印象、古典図様の遊び心を現代に生かしつつ、市場性を確保する作画意識の醸成が急務、難題が…。310は第2部門が相応しているのでは?

◇手描きということで、だいぶ特徴のある作品が多く選んだ以外にも良い物がありました。
ただやはり全体として冒険が足りない気がします。振袖の出品が1点というのも物足りなく思います。


第4部門 手描染作品(付下げ、帯、祝い着その他)

 ◇大胆な色彩デザインの物も見られたが、日本人らしい繊細な表現、感覚の作品ももっと欲しかった。
季節感を楽しむアイテムであるので、季節、歳事記をふまえた遊び心が欲しい。

◇絵羽と付下げの違いをはっきりと出し、着姿をすっきりとみせるような意匠。
総柄では、型染では表現できない作風、染帯では、織ではで出せない柄表現と遊んだ配色に目が行きます。

◇大胆な色彩と意匠をもった作と、オーソドックスな色彩とが絡む作品があってかなり難しい判断がある。

◇画面が限定されている分、第3部門よりも図様の領域(自由度)が確保されているように思われる。
ただ、上記と同じ問題を意匠の基底に感じる。


第5部門 無地染

◇審査をするのが難しい。色合い、地紋との相性など視覚的に美しい印象のものを選んだ。

◇すべてが上手く染まっているので、優劣は難しいところですが、より難しいそうな生地、色を染めているものを選びました。

◇大変むずかしい。地紋によっての判断が違ってくるように思います。

◇地紋の印象が強く残る。その選択も重要だが…。

◇出品数少なく選ぶ基準の置き方が難しい。オーソドックスに売れるかどうかで選びました。


第6部門 機械染

◇配色、模様に、独自性が見られ、動きのある印象のものを選んだ。

◇多色の型合わせを上手くこなしている作品で、ム地場が均一に染まっているものを選びました。
着やすさのある作品がある一方で遊べる柄色のものもあり、数はすくないものの多様な出品でした。

◇機械染としてのこれが機械染だというものがほしい(特徴を全面に出してほしい)

◇手描きとは正反対に、よい意味で肩の力が抜けた自由度があるように思われる。より一層機械ならではの表現が追求されることに期待。

◇柄の「おもしろさ」で選びましたが、全品、染めた意図のようのものは感じられました。


 

PAGE TOP