Loading
審査総評

総評

◇「全国」の名の通り、産地ごとの技法や感覚の違いが表れたいい枠組みの競技会で作品も多様でお召しになる方の多様な好みに寄り添える作品だと思います。

◇意欲的な品も多く拝見できて、お客様方への品創への伝えにも大変参考になりました。

◇手の込んだ品物が多くみられた。

◇熟慮の上、さまざまに工夫されて作られた作品が多かったように思う。これからの時代技術とセンスの両方を兼ね備えたものがますます求められる。作り手の皆様にはぜひ頑張っていただきたい。

◇昨年よりも出品点数が増えたとお聞きしました。また来年度も今年度同様に優れた作品を多く拝見できることを楽しみにしております。


1部門 型染着尺

◇江戸小紋の技法を昇華させた作品や、高度な技術、複合加工さらには紬など難しい生地へ挑戦したものに目が行きます。また色彩的に目を引くものがありました。

◇現在の小売の場でもお召しになりやすく、かつ工夫のある品を多く拝見できました。

◇テキスタイルとしては良いが、きものになった時は?

◇「型」という制約のある中でいかに表現力を高めるかが勝負のしどころ。複合的な技法、柄の組み合わせで尚且つまとまりのある作品に仕上げたものに投票させていただいた。

◇小紋の柄を細かに変えていて、色合いも大変柄にマッチしていました。


第2部門 型染絵羽

◇縫い目をまたぐ絵羽という取り方と、型という限定された技法の折り合い、複合ならではの表現となされたものが多く、その上に着やすさが加わった作品が目を引きます。

◇型染というイメージから超えての作品として映る品が多いように感じられました。

◇手の込んだ品物が多かった。

◇「型」という制約のある中でいかに表現力を高めるかが勝負のしどころ。複合的な技法、柄の組み合わせで尚且つまとまりのある作品に仕上げたものに投票させていただいた。

◇斬新な柄が多く、選定するのに大変迷いました。


第3部門 手描染作品(振袖、留袖、訪問着)

◇糸目だけではなく様々な手加工が見られ、多様なもの作りが表れた全国的である良さがありました。また産地ごとの色彩感覚の違いを感じます。

◇ていねいな染の品は多くありましたが、既存の雰囲気とは異なる作風がより拝見できればと思います。

◇見た目が楽しかった。

◇手描きならではの自由なモチーフ、絵羽表現の伸びやかさ、なおかつ技術力の高いものに投票した。

◇古典的な絵柄でしたが、ぼかしなど高度な技術が垣間見えて大変すばらしかったです。


第4部門 手描染作品(付下げ、帯、祝い着その他)

◇特に細かい糸目や、伏せの周囲の色均一性など、技術の高さがあふれた作品が良かったです。絵羽と付下の違いがはっきりした作品作りもよかったと思います。

◇店頭にそのまま置きやすい品が多くありましたが、より広い個性があればと感じました。

◇きものとの差が無いように思った。

◇絵羽とは違い限られたサイズ内での柄の配置、間の取り方、シンプルながらも印相的な作品が目を引いた。

◇手描染と刺繍のタッチが絶妙なバランスで融合しておりすばらしかったです。


第5部門 無地染

◇すれの生じそうな駒無地系や、ちりめん、また色が分離しそうな色目をうまくそめたものが良かったと思います。

◇巾広い作風や、無地のイメージからはなれる品があってもよいかと思います。

◇単に染めた物ではなくなって来ている

◇浸染だけだと甲乙つけることが難しい。生地の地紋に左右される。

◇一目見てこの品と思えるほど卓越した一品が見つかりました。


第6部門 機械染

◇回転しながら型を合わせていく難しい技法にも関わらず、多色をきっちりと合わせている小紋の技法は素晴らしいです。

◇洒落感のある品揃えを今後も期待しております。

◇テクニックの差が判別しづらい。柄で判断してしまう。

◇無地染と同様、一目でこの品と決められました。


 

PAGE TOP